遺恨を残さずパートナーと別れるための情報サイト

別れに導いてくれるまでの具体的な内容とは?

相手に別れを決意させるまでのシナリオ作り

依頼者から事情を詳しく聞き、事前調査に時間をかけ、まずは別れまでのシナリオを作り上げることから始めるといいます。

男であれ女であれ、自分本位の人間は、別れの原因が自分にあるとは決して思いません。
「相手が悪い、相手が心変わりしたに違いない、そんな相手の言うことに応じてやるものか」
このように思っている人は、別の恋愛対象が必要なのです。

自分に好意を抱いてくれる相手が現れれば、今までの恋愛を自らバッサリと切り捨てます。
この新しい恋愛相手を演じるのが、プロの工作員です。

自然な出会いを作り、恋愛感情が育っていくよう仕掛けを巡らせます。
そして、ほとんど終わりかけている今の恋愛を終焉に向かわせるよう、少しずつ仕向けていくわけです。

そのために、入念に情報を集め、その人に合ったドラマを進行させていくというわけです。

遺恨を残さないためのプロならではの演出

工作員が演じる新しい恋愛相手が現れたと同時に、かつての恋人との縁をすぐに切り捨てる人もいます。

ところが、それでも縁を切りたがらず、むしろ新しい恋愛を秘密にしたまま、依頼者との別れに応じないケースもあるといいます。
このようなケースでは、工作員が自ら依頼者に存在を知らしめて、浮気を発覚させるように仕向けることも。
つまり、依頼者の方を「浮気されてしまったかわいそうな存在」にしてしまうわけです。

その結果、相手は恨みどころか、謝罪をしなければならない立場に追い込まれてしまい、そのまま終焉へとつながっていくのです。

時と場合に応じていろいろなパターンの演出が用意されており、工作員には、どんな演出ふさわしいかを瞬時に判断し、遂行することが求められるといいます。


この記事をシェアする